債務整理とは、読んで字のごとく「債務(借金)の整理」をすることです。
債務整理を弁護士や認定司法書士に依頼すると現在の借金を減らせたり、場合によっては借金がなくなりさらに「今までに払いすぎた利息(過払い金)が戻ってくる場合もあります。

まずは専門家に相談をしましょう。
関東地方で相談可能な弁護士・司法書士をピックアップしました!
任意整理デメリットとは

@任意整理では元金がそのまま残るので毎月一定額のお金を用意する必要があります。
収入がなければ任意整理を利用することはできません。
支払い可能な原資を毎月捻出できないような場合は任意整理ではなく自己破産、個人再生を選択すべきです。

A自己破産、個人再生手続きにも共通していえることですが個人信用情報機関(いわゆるブラックリスト)に登録されるので、一定期間、借り入れ等が出来ません。
数年間の間はローンやクレジットを利用することはできなくなります。

結局のところ3年程度の期間で返済していかなければなりませんので、借金の総額が大きい場合には、無理な返済プランを立てるのではなく、最初から自己破産を選択すべきでしょう。
そのあたりの判断は、専門家に相談されたほうがよいと思います。

あなたの借金、支払い義務が消滅しているかも!? 詳しくはクリック!